UTMの導入で、情報セキュリティ・ネットワークセキュリティを強化

エール通信は自社で受注し自社で作業を完成させます

下請け業者への中間マージンがないので格安でお見積りできます。

不正プログラムや不正アクセスのパソコン被害を防ぐには…

不正プログラムや不正アクセスのパソコン被害を防ぐには

~ファイアウォールでは、不十分~
「ファイアウォールを入れているから大丈夫」。そう思っている企業経営者の方が多いのが現状ですが、昨今のサイバー攻撃からファイアウォールだけで、企業ネットワークを守ることはほぼ不可能です。 企業を狙ったサイバー攻撃が複雑になり、巧妙化する中、社内ネットワークを守るには、外部からの脅威に対して統合的セキュリティ対策を行うことが必要となります。そのために有効なのがUTMです。

UTMとは?

UTMとは、企業のセキュリティ対策手法の一つで、複合的な機能を持ったセキュリティ機器を導入して統合的に情報セキュリティ対策を実施することを指します。そのために用いられる統合的セキュリティ機器を「UTMアプライアンス」と言い、これを略してUTMと呼ばれる事が多くなっています。

UTMとは、企業のセキュリティ対策手法の一つで、複合的な機能を持ったセキュリティ機器を導入して統合的に情報セキュリティ対策を実施することを指します。そのために用いられる統合的セキュリティ機器を「UTMアプライアンス」と言い、これを略してUTMと呼ばれる事が多くなっています。
様々な要因に対して個別にセキュリティ機器やセキュリティソフトを導入する場合に比べると、UTMは、必要な人員やコストを抑えることが可能なため、中小企業に適したセキュリティ対策という事ができます。

UTMの機能

UTMアプライアンスには、様々な機能が実装されています。 ネットワークの専任担当者がいなくても各クライアントパソコンのセキュリティ管理を一台で実現する事が可能です。

  • ファイアウォール機能
  • ウイルス対策
  • 不正プログラム対策
  • 危険なプログラム対策
  • パソコン集中管理機能
  • USBセキュリティ機能
  • 内部統制セキュリティ機能
  • 迷惑メール対策

UTMの役割

オフィスネットワークの入口に設置をする事で、ウイルス、不正プログラム、外部からのネットワーク攻撃等から情報セキュリティを守ります。

オフィスネットワークの入口に設置をする事で、ウイルス、不正プログラム、外部からのネットワーク攻撃等から情報セキュリティを守ります。

社内のパソコンの使用履歴も管理できます。

社内のパソコンの使用履歴も管理できます

社内のパソコンの使用履歴を管理できるため、USB・CD・モバイルへの情報不正コピーを防ぐことや、情報の流出元の特定が可能になります。

ウイルス・不正プログラム・危険プログラム対策

本社、ウイルス・不正プログラム・危険プログラム対策

管理者は社内や遠隔地のパソコンの使用状況も把握できます

  • サイトを見ると履歴が残る。何を見たかわかる。検索先が残る。
  • 誰が何をどの位印刷したかプリント状況が記録に残る。印刷物の情報が流出した場合でも追跡が行なえる
  • ウィルスがどのPCに入ったか記録される。
  • エクセル、ワード、メール等作業内容が記録される。
  • USBの中にウィルスがいるとアラーム音が発生する。自動駆除する。
  • CD・USBへのコピーの履歴が残る。
  • 本社・営業所すべてのPCを管理できる。役員のPCは管理しない等設定できる。
  • マイナンバー(28年1月実施)漏洩対策。
  • ネットバンキング被害 防止。
営業所、ウイルス・不正プログラム・危険プログラム対策
お問い合わせください
042-972-0560 メールでお問い合わせ